【Premiere Pro】編集必須テクニック!動画にテロップを入れるチュートリアル【初心者向け】

Premiere Proでテロップを入れようと思ったけど入れ方が分からない。
今回はそんな方のためにテロップ作成の方法を解説しますので是非御覧ください。

この記事を見て分かること

  • テロップ作成の方法
  • テロップの位置変更や装飾の仕方

テロップ作成の方法

1.ツールバーから横書き文字ツールを選択する

プロジェクトを作成した後、ツールバーの横書き文字ツールを選択しましょう。

※横書き文字ツールのアイコンをクリックし続けると縦書きツールが現れます。
 縦書きにしたい方はこちらを使いましょう。
 (ツールバーは長押しするとこの様に違うツールが出ることがありますので覚えておきましょう)

2.モニターパネルをクリックしてテロップを打つ

その状態でモニターパネルをクリックしてテロップ入力状態になったら、
キーボードで文字を入力しましょう。

テロップを入力する時に再生→停止→テロップ入力→再生→……と何度もこの作業をするのですが、
何度も再生/停止ボタンをクリックすると面倒なので必ずショートカットキーを使用しましょう!

設定は下記記事参照です!

関連記事

Premiere Proでの作業中、マウスだけの操作で時間が多く掛かってしまうことあると思います。そんな時、キーボードでのショートカットキーが使えればかなりの時間短縮となります、今回はショートカットキーの設定の仕方を解説しますので是非御覧[…]

テロップの位置や装飾するには?

エッセンシャルグラフィックスパネルでできます。
下記に項目ごとに記載しますので、確認していきましょう!

①レイヤー選択

レイヤーの選択や管理が行えます。
選択しているレイヤーは白くハイライトされて分かるようになっています。

また、グループにして管理を容易にすることや各エフェクトを一括で掛けることもできます

②整列と変形

レイヤーの位置の変更や変形ができます。
横軸の整列や縦軸の整列などかなり多用しますので、ぜひ覚えてきましょう!

②-1.整列

レイヤーを横なら左・中央・右に揃えることが縦なら上・中央・下に揃えることができます。
中央に配置することが多いので覚えておきましょう!

②-2.位置

レイヤーの座標を決めることができます。
数値を直接打ち込んでも良いし、数値をドラッグして調節もできます。

②-3.アンカーポイント

アニメーションのアンカーポイント(中心点)を決めることができます。
数値を直接打ち込んでも良いし、数値をドラッグして調節もできます。

②-4.スケール

レイヤーの大きさを変更することができます。
デフォルトでは高さ:幅の割合は100%となっており、
数値を変更することで均等に高さ・幅の比率を変えることができますが、
クリップマークを押すことで高さのみや幅のみを大きくしたり小さくしたりできます

②-5.角度

レイヤーの傾きを変更することができます。

角度は数値を直接打ち込んでも良いし、数値をドラッグして調節もできます。

②-6.不透明度

レイヤーの不透明度を変更することができます。

デフォルトが100で小さくなればなるほど、透明に近づいていきます。

③レイヤーのスタイル

事前に保存したレイヤーの情報を読み込んだり、作成したレイヤーの情報を保存したりできます。
かなり便利なので、よく使うものは保存してすぐ使えるようにしておきましょう!

④テキスト

作成するテロップのテキストを装飾することができます。

④-1.フォントの種類やサイズ

フォントの種類とサイズ、太さを変更することができます。
また、太さを変更するには文字の太さ毎にフォントのデータが入っている場合のみ選択できます。

④-2.フォントの揃え

フォントを左・中央・右など揃えることができます。
よく使う場所ですので覚えておきましょう!

④-3.文字や文字間の調整

文字や文字間の長さの調整などを行うことができます。
文字間や行間などの隙間を長くしたり短くしたり、
文字を斜体や下付き文字などにもすることができます。

⑤アビアランス

テキストの色関係の調整やフォントの装飾を行うことができます。
文字に枠線を付けたり、特定の色で塗りつぶしを行うことやグラデーションを掛けることもできます。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
テロップを作成することは基本ながらもかなり重要なことです。
また、テロップを見やすくすることは映像の品質向上に繋がりますのでぜひ覚えておきましょう!

カテゴリ: